未亡人になってしまったけど初心者救済ビジネスに救われた!

未亡人になってしまったけど初心者救済ビジネスに救われた!

ネットを使ったビジネスの発展はここ数年で非常に進歩しています。
従来にはなかったスタイルのネットビジネスが続出している中で初心者救済ビジネスというネットビジネスは今での常識を覆すような画期的なシステムでお金を稼ぐことが来ます。

そんな中密かに注目されている初心者救済ビジネスについてとそのビジネスの特徴や利点、どのようなビジネスなのかを今回は紐解いていきたいと思います。

初心者救済ビジネスとは一体何?

初心者救済ビジネスは平たく言うとネットビジネスの一種です。従来はPCやスマホを使って作業を行いお金を稼ぐという仕組みでした。
例えば、ネットビジネスの代表的な存在であるアフィリエイトはサイトやブログを作成しその中で商品の魅力や使い心地、どんな使い方かを紹介します。

そしてその中にアフィリエイトコードを挿入し自分のサイトから商品を購入してもらうことで収入を得ます。
商品を買ってもらうためにはブログを更新したりサイトを見やすくしたりと工夫が必要です。またサイトの見た目を良くするためにはパソコンのスキルがある程必要となってきます。

加えて商品が売れるかどうかはやってみないとわかりません。まったく売れない月もあればよく売れる月もあります。
そういった意味では初心者には難易度が高く安定した収入を得ることは難しいと言えます。

多くのネットビジネスは経験やスキルを必要とするため収入を得るまでに時間がかかるケースがほとんどです。
さらに、実際にお金を稼げるかどうかはやってみないとわからないものです。中には初心者でもすぐに始められるものも存在します。

例えばポイントサイトやクラウドソーシング、せどりやネットオークションは比較的初心者でも簡単に始められるものです。
しかし、この手のビジネスは収入が少ないのが特徴です。

結局苦労して高い収入を得るか、楽な思いをして少ない収入を得るかの2択になってしまうのが今までのネットビジネスでした。
しかし、この常識を覆したのが初心者救済ビジネスです。

初心者救済ビジネスは初心者でもしっかりと収入を得ることができるようシステムを組んであるのでネット初心者でも稼げちゃいます。
実際に私も行っていますがしっかり収入を得続けています。

初心者救済ビジネスは松阪大輔さんという方が開発した初心者でも稼げるシステムによって安定した収入を得ることがきます。
ここからは初心者救済ビジネスの開発者である松阪大輔さんについてお話ししていきます。

常識を覆す初心者救済ビジネスの開発者の松阪大輔さんってどんな人?

初心者救済ビジネスは松阪大輔さんが学生時代からの夢であった誰でもネットで収入を得ることができるようにしたいという願いを形にしものです。
松阪さんは学生時代の海外留学がきっかけでネットビジネスについて関心を持ち、独学でノウハウを収集していました。

その後大学ではネット関係の企業に就職しノウハウと情報をため30歳になる前に独立したそうです。講演やセミナーなどで各地を飛び回り30代ですでに生涯賃金以上を稼ぎだしました。
仕事もプライベートも充実した毎日でしたが次第に仕事に対する熱意が薄れていったそうです。

そんなある日に学生時代の友人と再会し、収入に困っていたので自分のビジネスを進めてみました。
その当時は今の初心者救済ビジネスのような形ではなくネットビジネス中級者から上級者向けの方向けのビジネスを展開していました。

ネットビジネス初心者であった友人の方はついていくことができず途中でやめてしまったそうです。
その出来ごとをきっかけに松阪さんは友人のように初心者でもしっかりとお金を稼げる仕組みを考え2年もの時間をかけて今の初心者救済ビジネスの形を作り上げました。

その後も改良と見直しを繰り返し、完成しました。
松阪さんいわく昔は自分の利益ばかりを求めていた。しかし友人も助けられないようなビジネスに価値なんてないことに気がついた。

今までの懺悔ではないがみんながしっかりと収入を得ることができる仕組みを作り困っている人を救いたいという思いでいるとのちに語っています。
私もそんな松阪さんに助けられた一人です。ネットビジネスの需要が高まっている今だからこそやっておきたいものです。

ネットビジネスの需要がなぜ高まっているのか?

そもそもネットビジネスの関心が高まった背景は収入の減少や今後の日本経済を心配する考えが具現化したものだと言えます。
大手企業の相次ぐリストラやクビ切りはニュースにもなり記憶にあるという方も多いでしょう。

企業の合併や倒産はいたるところで起こっています。今私たちは自らでお金を稼ぐ力を身につけなくてはいけない時代にいます。
高度経済成長期日本は需要と供給のバランスが取れていたからこそ急速に発展してきたという背景があります。

しかしそれはもう過去の話です。価格競争や人件費をいかに抑えるかに企業がはしったため雇用は外国人労働者に取られてしまいました。
また日本の労働環境の変化が雇用制度にまで影響し大手企業の終身雇用制度は崩壊しつつあります。

それによる本業の収入はますます下がり本業だけでは生活できないという事態も発生しています。
これによってネットビジネスの注目が高まったと言えます。現在は昔とは異なり副業や内職もネットを使ったものへとシフトしています。

アフィリエイト、クラウドソーシング、FX、バイナリーオプション、ポイントサイト、せどりなどが登場しました。
特に主婦層に絶大な人気を得ているのがクラウドソーシングやアフィリエイトです。

このビジネスはネット環境とパソコンさえあればすぐに始めることができるという手軽さと資格や能力をほとんど必要としないことに加え時間や場所を選ばずに仕事ができることから一気に広がりました。

しかし、このクラウドソーシングやアフィリエイトも初心者にとってはハードルが高いと私は感じています。
事実クラウドソーシングを行っていた友人は2ヶ月と持たず辞めてしまいました。

幾つかの原因がありますが大きかったのは収入が安定しなかったことと慣れない仕事によるストレスだと語っていました。
はじめのうちはモチベーションも高かったので楽しく行えていましたが作業量に対しての収入が少なくたくさんの記事を書かないとお小遣い程度しか稼げないと言っていました。

それもそのはずクラウドソーシングは仕事にもよりますが多くは記事作成などのタイピングが主な仕事です。
ひと記事あたり400~500字程度で200~500円あたりが相場です。これではいくら記事を納品しても月に5万円程度が限界です。

加えて作業量がものをいう仕事ですからブラインドタッチができなければ話にならないでしょう。
しかも、毎回仕事があるわけではありません。依頼が来た時に受理するというスタイルなので安定した収入を得ることは難しいでしょう。

初心者にとっては難易度の高いネットビジネスだと言えます。

初心者にはネットビジネスは難しい?いいえ!初心者救済ビジネスがあります!!

では初心者でもしっかりと収入を得ることができ、かつ安定した収入を得ることができるものはないのでしょうか?
それが私も行っている初心者救済ビジネスです。

このビジネスは松坂大輔さんという元日本一のノウハウコレクターが開発した今までのネットビジネスとは全く異なる新たなビジネスです。
簡単に説明すると今まで作業をし続けなくては収入が滞ってしまうのが従来のネットビジネスでした。これは他のビジネスにも当てはまります。

そうですよね。だって作業の対価に報酬をもらっているわけですから当然の話です。
しかし、この初心者救済ビジネスはお金を稼ぐシステムを構築することで継続的に収入を得ることが可能です。

これは権利的収入や不労所得に似ています。お金を効率良く継続的に稼ぐためにはこの手の方法を使うのが一番いいです。
というのも多くの資本家や投資家はこれで生活しているからです。

よく昼間に私服で歩いている年配の方や高そうな服を着て歩いている人を見かけますがああいった人たちの中には不労所得や権利的収入で生活している人たちもいます。
初心者救済ビジネスではお金をかせぐことができるシステム構築さえできればそういった人たちと同じように生活することも可能です。

さらに言うと誰でもできる仕組みのため年齢や性別に関わらず収入を得ることが出来ます。
病気や怪我、会社をクビになったり働けなくなったとしても今のうちに初心者救済ビジネスを行っておけばしっかりとカバーすることが可能です。

すべての人にメリットがあるのでやって損はないと思います。私も現在初心者救済ビジネスを行っている一人です。
ここからはどうやって初心者救済ビジネスと出会ったのか私の体験談をお話ししていきたいと思います。

初心者救済ビジネスに出会ったきっかけと私の体験談について

私は2年前に夫を亡くした30代の未亡人です。夫とは社内結婚で20代の前半に結婚しました。
亡くなった夫は病気ひとつしたことのない人でしたので病院に行ったり定期検診を受けてもいませんでした。

それでも幸せに暮らしていたある日突然会社で倒れたという連絡を受け病院に向かいましたが意識不明の重体でした。
倒れた原因はくも膜下出血で発見が遅れたため脳にダメージを負っていました。

私は必死に意識が戻ることを祈りましたがその想いも届かず2週間後に脳死と判断されました。
結婚してまだ6年余りでのことで非常にショックを受けました。

しかし、悲しんでばかりも入られません。葬儀や埋葬もありましたし、これからどうやって生きていけばいいのか考えなくてはいけませんでした。
でもやっぱり心に大きな穴が空いたような感覚に襲われ食事ものどを通りませんでした。

精神状態が不安定だったため会社で働くことは当然無理でしたし、何より気持ちを切り替えることができませんでした。
そんな私を見かねて元職場の同僚が初心者救済ビジネスというものを紹介してくれました。

私は一度はそんな状態でないと断りましたがこれからの生活のために絶対に必要になるからという言葉に後押しされ元ノウハウコレクターの松阪大輔さんにお会いしてみることにしました。
そこで今の状況や不安を説明すると松阪さんは深くうなずきそれなら私が力になりますとおっしゃってくれました。

その後は松阪さんに直接教えてもらいながら初心者救済ビジネスを行っていました。
すると3週間ほどで収入を得ることができました。その頃には松阪さんが色々な不安を聞いてくれ少しずつ元の明るい私に戻っていきました。

最後に

現在では何不自由なく生活することができています。夫が亡くなってしまったのは悲しいけどこんな私を見せる方が旦那さんはもっと悲しむよという松阪さんの言葉に救われました。
これが私の初心者救済ビジネスとの出会いでした。

予期せぬ不幸は突然くるものです。その時に落ち込んでいるだけではダメです。
どういった状況にも対応できるようにしておかなくてはいけません。あなたも今から初心者救済ビジネスを始めてみませんか?

サブコンテンツ

このページの先頭へ